参議院議員会長に就任しました。

昨日7月29日の会派「民進党・新緑風会」の議員総会で、参議院議員会長に正式に選ばれました。議員会長は所属参議院議員の互選で決まりますが、今回は立候補者が私1人だったため、無投票で選ばれました。

20160729 120728

今回の選挙で残念ながら会派の人数は51名に減りましたが、一致結束して大きな力を発揮して政権と対峙する、議員の団結と活躍の支えとなる任務を私は果たして行きたいと考えます。また「闘う議員会長」として、憲法議論などでは先頭に立って頑張るつもりです。

 総会後には参議院幹事長に就任した小川勝也議員、引き続き参議院国会対策委員長を務めていただく榛葉賀津也議員とともに記者会見を開きました。
(詳しくは https://www.minshin.or.jp/article/109739

ここでは、「今回、会派の人数が減ってしまい、現段階で51人が安倍政権に対峙(たいじ)していくためには全員でしっかり団結して取り組むことを優先して考えた。新しい3役とそれ以外の役員布陣も、実力と経験を重視して、与党と対決できる、様々な分野で力を発揮できる体制を作り上げた」と申し上げました。

小川勝也さんは「国会の鬼検事が議員会長なので、その会長を上回る厳しさで51人の結束をもって安倍政権に対峙したい。一人ひとりのポテンシャルを最大限引き出すのが大事。可能な限り野党共闘の中でわれわれの力が2倍にも3倍にも引き出されるような、そんな国会運営に一致結束してあたっていく」と決意を述べました。

榛葉賀津也さんは「自民党が単独過半数を持つということで議運、国対の仕切りが大変難しくなると思うが、無い知恵を絞って、野党の声は国民の声だと肝に銘じて、これからも小川議員会長を支えていく」と語りました。

来週8月1日から3日まで臨時国会が開かれ、参院選後の初登院となります。この国会は短期間で、主に議長、副議長、常任委員長などの人事が決められて一旦閉会しますが、国会での本格論戦に向けて、しっかり体制を整えて、準備を進めたいと思います。