国有地売却・森友問題「新たなゴミは存在しない」その2

くい工事で、穴の中は見えないし、深い所の土は出てこない。

新たなゴミが発見されたという政府の説明について、試掘により3.8メートルの深さから「新たなごみ」が発見されたという点の虚偽性について前回指摘した。

今回は、9.9メートルのくい工事の過程で地中深くからのごみが確認されたという政府の説明の虚偽性について指摘する。

政府の説明は次のとおりだ。

23916031_1329280547183726_6101102775337714543_n.png

くい打ち工事説明図

 国交省が平成29年3月16日の参議院予算委員会調査に於いて議員に配布したくい打ち工事の説明図である。図を見ると、くい打ち部分の9.9メートルの深さの土を全部排出して空洞にした後にセメントを注入してくいを造成するものとされている。

しかし、この説明が間違いであることが後に判明した。

実際に行われた工事は以下のとおりであり、土を排出して中を空洞化するものではない。

【平成29年4月6日 参議院国土交通委員会 石井国交大臣答弁】

「今回はちょっと特殊な工法でございまして、何といいますか、プロペラの羽根の付いたようなドリルを地中に貫入していって、回転させながら貫入していくという工法でございます。ですから、その貫入の途中で、羽根を回転させながら貫入することによって地山の土を柔らかくし、そしてそこにセメントモルタルを入れて、地山の土とセメントのモルタルを一体化してくいを形成すると、こういう工法でございます。したがって、回転しながら貫入をし、またその棒を引き抜く段階において地中にあったごみが排出をされたということはございますが、全部排出するわけではございません。まあ、柔らかくしますからある程度出てくる、ごみもある程度出てきますけれども、全部ごみが取れるわけでもないということでございます。」

このくい工事は、くい打ちではなく正しくは柱状の改良体を構築する地盤改良工事である。その柱状の改良体を、ここでは「くい」と呼ばせて貰う。

このくい工事は、9.9メートルの深さまで掘進して土を柔らかくほぐした後、掘削機の先端からセメントミルクを注入し、そして撹拌しながら上に上がってくるという工法である。

その場合、土を柔らかくほぐすことにより容量が膨らみ、さらに、セメントミルクを注入してその分の容積が膨らむから、溢れ出てくる土がある。

政府の説明は、9.9メートルのくい工事で掘って出てきた土にごみが混入していたのを確認したというものであるが、土を掘り出して穴を開けたわけではないから穴の中の様子は確認できない。溢れ出てきた土は地表近くの土であるから、仮にその土にゴミが混入していたとしても地中深いところのゴミの存在を認める根拠にはならない。つまり、誰も深い所にあるというごみを見ていないし、確認も出来ないのである。

政府は、ごみを含んだ土の山があるので、くい工事から出たごみと確認したと説明する。

【平成29年3月7日 参議院予算委員会 国交省航空局長答弁】

「3月14日に現地確認を行っておりますけれども、9.9メートルのくい掘削工事の過程において発見された廃材、廃プラスチック等のごみを大量に含む土が広範なエリアに積み上がっていることを確認しております。」

「現地確認に当たりましては、工事関係者からのヒアリングにおきまして、くい掘削工事、9.9メートルの相当に深い層から廃材、廃プラスチック等のごみが出てきたとの報告がございました。」

しかし、積み上がっている土は地表を削って出た土のようであり、くい工事の排出土と確認できないし、排出された土としても浅い部分から溢れ出た土なので、深い所のごみを確認できたとは言えない。

くいの本数にごまかしがある。

政府は、くいを校舎予建築予定地に下記の図面のとおり、382本構築したと説明する。下図の青い部分の丸い印がくいである。

24129923_1329313273847120_2827068930447348571_n.png

3月14日に財務局担当者らが現地に赴いた時点ではくい工事は完了している。

その日の職員が撮影した写真が提出されている。その中で、最初に載せた2枚には、大きなくいが6本前後写っている。2枚は校舎予定地の南側東部分を写したものでほぼ同じ地点の写真である。

その後に、その他の校舎予定地部分を写した写真4枚を載せたが、そこにはくいは写っていないし、くい工事を行った痕跡も見当たらない。382本のくいを構築したというが、くいは6本前後しか見当たらない。

国は、くいの実数を数えていない。

【平成29年4月20日 参議院国土交通委員会 航空局長答弁】

「3月14日に現地確認をしたときには既にくい工事は終わっていたということでございまして、くいの本数につきましては先ほど申し上げましたように設計書で確認をしたということでございます。」

「3月14日につきましては、大阪航空局の職員は土地の全域を踏査をしておりますけれども、そのくいの本数を全て数えたかということについては確認ができておりません。」

くいの表面積がでたらめ

ごみの量の積算で政府は次のように説明する。

国有地の面積は、8770㎡である。その内、約60%に該たる土地部分5190㎡を対象区域としている。

対象区域の内、382本のくい打箇所の面積が303㎡で9.9メートルの深さ、残余の4887㎡については3.8メートルの深さの範囲でごみが混入しているとする。

写真から分かるように、くいは相当に太い。政府の説明では、直径1.3メートルが181本、1.6メートルが201本だという。

くい打箇所の合計面積を計算すると303㎡の倍以上の約644㎡になり、政府の説明は破綻している。くいは僅かしか無いのだ。

24131025_1329314737180307_2933757773286032228_n.png

24177057_1329314883846959_465156852262264475_n.png

23905668_1329314993846948_5543668538664714326_n.png

24058756_1329315100513604_2955834270782534482_n.png

23905567_1329315527180228_3202631844805620940_n.png

24129710_1329315663846881_8100569834871458331_n.png